ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ ネスカフェ ドルチェ グスト ネスプレッソ


ネスレの各種コーヒーメーカーの電気代をワット数から算出してみた!高いのか?

更新日:

しばしばこんな悩みを見かけます。

ネスカフェ ドルチェ グストの電気代は高いのか?」

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタの電気代は高いのか?」

ネスプレッソの電気代は高いのか」

そう電気代の問題です。

もっとも、ネスレ各社のコーヒーメーカーはワット数が非常に高いので電気代に関して心配になるのもうなづけます。

しかし、結論から言うと電気代に関して心配する必要はありません。

その証拠として、電気代をワット数から算出してみました。

電気代算出方法

今回電気代に関する調査にご協力いただいたサイトは「家仲間コム」さんです。 

利用時間を詳細に設定できるので利用させていただきました。

なお、肝心なマシンの利用時間ですが大きく見積もって1分とします。

実際20秒くらいで抽出できますが、立ち上げの時間を考慮した結果です。

そして1日1杯として月間30回の利用を想定しました。

また電気会社は「東京電力」といたします。

それではネスレ社各種の電気代を見ていきましょう。

「ネスカフェ ドルチェ グスト」の電気代

結果は以下の通りです。

機種ジェニオ2プレミアム
定格消費電力1,460W
電気代/1日0.6円
電気代/30日18.9円
電気代/365日226円

なお「ドルチェ グスト」の機種は最も売れている「ジェニオ2プレミアム」を選択しました。

これで高いという方はもはや家電製品を使うことはできないでしょう。

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の電気代

機種ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ アイ
定格消費電力1,460W
電気代/1日0.6円
電気代/30日18.9円
電気代/365日226円

定格消費電力が「ドルチェ グスト」と同じなので同じ電気代となりました。

ちなみにあえて新型の「バリスタi(アイ)」を見てみましたが、旧型でも消費電力は変わりません。

スマホと連携できる分、若干消費電力も高いかと思いきやそんなことはなかったみたいです。

新型、旧型どちらにおいても電気代を気にする必要はありません。

「ネスプレッソ」の電気代

機種ネスプレッソ イニッシア
定格消費電力1,200W
電気代/1日0.5円
電気代/30日15.5円
電気代/365日186.6円

ネスプレッソにおいても一番の人気機種「イニッシア」を対象にしました。

驚いたのがネスプレッソの方が消費電力が少ない点です。

したがって電気代も若干安くなっています。

いずれにせよ、やはり電気代を気にするレベルではありません。

「ネスカフェ アイスコーヒーサーバー」の電気代

機種ネスカフェ アイスコーヒーサーバー
定格消費電力150W
電気代/1日93.6円
電気代/30日2,808円
電気代/365日33,696円

需要があったので追記しました。

ネスカフェ アイスコーヒーサーバーは150Wと消費電力は少なめです。

しかし、こちらは冷蔵庫のように電源にさして常に冷やしておいた方が便利でしょう。

したがって、使用時間を24時間と想定しました。

もちろん、使わないときはコンセントを抜けば節約可能です。

電気代と相談して、使い方を決めましょう。

電気代が気になる方は「ネスレ ウェルネス アンバサダー」がおすすめ

電気代が気になる方は、マシン代も気にしましょう。

「ネスレ ウェルネス アンバサダー」なら誰でもマシンを無料で利用することができます。

しかも最低利用期間も解約金もありません。

さらにカプセル代金も10%オフになります。

電気代を節約するより、マシン代やカプセル代を安くした方が明らかにいいでしょう。

「ネスレ ウェルネス アンバサダー」なら入って損しません。

まとめ

確かにネスレの各種コーヒーメーカーはワット数が非常に高いです。

しかし、それもたかが数秒の話。

取るに足らない問題でしょう。

また今回は消費電力の観点からシミュレーターを使って電気代を算出しましたが、待機電力に関しては別にかかってしまいます。

もちろんこれも気にする必要は一切ありません。

使わないときはコンセントを抜いておけばいいのですから。

むしろネスレ社も使用時以外はコンセントを抜いておくことを推奨していますから、プラグを抜くことで発生するデメリットはありません。

ちなみに私はコンセントを抜くのが面倒なので、抜いていませんがそれでも電気代を高く感じたことを皆無です。

そんなわけで、ネスレ社のコーヒーメーカーにおいて電気代を気にする必要はありません

むしろ気にしなければいけないのはランニングコストの方でしょう。

ランニングコストに関しては各種リンク先をご覧ください。

-ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ, ネスカフェ ドルチェ グスト, ネスプレッソ