ネスカフェ アンバサダー


「ネスカフェ アンバサダー」は個人一人でも利用できるのか?利用条件について

投稿日:

「ネスカフェ アンバサダー♪」のCMでお馴染みのサービスですが、こちらは基本的に法人向けのサービスです。

しかし、法人向けと言ったら少々語弊があるかもしれません。

そこで今回は「ネスカフェ アンバサダー」の利用条件について詳しく説明します。

なお、サービス概要に関しては「ネスカフェ アンバサダーとは」をご確認ください。

「ネスカフェ アンバサダー」は職場向けのサービス

まず「ネスカフェ アンバサダー」は職場向けのサービスということをお伝えしておかなければなりません。

ですから当然、家庭用として「ネスカフェ アンバサダー」を利用することは不可能です。

ただし家庭用として利用される方は「ネスカフェ アンバサダー」の代わりとなるサービスがあります。

それは「マシンが無料の定期便」です。

「ネスカフェ アンバサダー」はコーヒーマシンを無料で使うことができる職場向けのサービスとなります。

「マシンが無料の定期便」は職場以外すなわち家庭での利用において適用されるサービスです。

そんなわけで、家庭でマシンを利用される方は「マシンが無料の定期便」に申し込みましょう。

「ネスカフェ アンバサダー」は個人一人でも利用できるのか

そこでふと疑問に思われる方もいるでしょう。

自宅兼事務所を抱える個人事業主の方でも「ネスカフェ アンバサダー」は利用できるのかと。

結論を言うと、「ネスカフェ アンバサダー」は個人一人でも利用することができます。

ただし申し込みの後にネスレ担当者がやってくるので、その際職場ということを証明する必要はあるでしょう。

ですから、「ネスカフェ アンバサダー」を申し込む方は事前に開業届や確定申告書の控えがあると契約がスムーズに進むはずです。

とにかく嘘をついて不正だけはしないようにしましょう。

嘘でなければ、「ネスカフェ アンバサダー」は一人の職場から利用することができるのですから。

実際、美容室や病院など少人数の職場はもちろんのこと、フリーランスのライターの方などにもご契約いただいています。

そんなわけで個人一人でも安心して申し込みしましょう。

個人事業主の選択肢

個人事業主の方は以下3つの選択肢を持っています。

  1. マシンを購入
  2. ネスカフェ アンバサダー
  3. マシン無料の定期便

マシン購入は置いていて、「ネスカフェ アンバサダー」と「マシン無料の定期便」の違いは最終的な所有権にあります。

前者はどんなに長く契約したところで、最終的な所有権はネスレ社のままです。

後者の所有権は解約したとしても利用者にあります。

もちろん所有権が自分側にあるということで、最低利用期間を満たさない場合は解約料を支払わなければなりません。

このように両者は一丁一旦です。

個人一人かつ自宅兼事務所の方はどちらでも選べるので好きな方を選択しましょう。

ちなみにそのままマシンを購入することはおすすめしません。

なぜなら、マシン無料の定期便の解約料とマシン代はほとんど変わらないからです。

それだったら、長く使うかもしれない可能性にかけて「マシン無料の定期便」を利用した方がいいでしょう。

まとめ

「ネスカフェ アンバサダー」の個人利用についてまとめます。

  • 「ネスカフェ アンバサダー」は一人の職場から利用可能
  • 個人事業主やフリーランスの方も可能
  • 家庭での利用は「マシン無料の定期便」を利用しよう
  • 自宅兼事務所の方でマシンを所有したい方は「マシン無料の定期便」
  • 自宅兼事務所の方でマシンをレンタルしたい方は「ネスカフェ アンバサダー」

ちなみに完全な職場において「マシン無料の定期便」に申し込むことはできません。

法人の方は「ネスカフェ アンバサダー」に登録しましょう。

-ネスカフェ アンバサダー