ネスカフェ ドルチェ グスト


「ネスカフェ ドルチェ グスト」と普通のコーヒーメーカーの比較!どちらが美味しいのか?

更新日:

 「ネスカフェ ドルチェ グスト」が欲しい。

でも普通のコーヒーメーカーと何が違うのだろう。

このように疑問に思う方は非常に多いです。

しかし、この記事を見ればそんな悩みも解決します。

そこで今回は「ネスカフェ ドルチェ グスト」と普通のコーヒーメーカーの違いを解説しましょう。

普通のコーヒーメーカー

デメリット

普通のコーヒーメーカーといっても種類はたくさんあります。

  • ペーパーレスなのか
  • ミル付きなのか
  • 保温付きなのか
  • 何杯から何杯まで抽出できるのか

果たして自分に適しているコーヒーメーカーはどの機能があるものなのか。

これらを考えるだけでも苦労します。

つまり普通のコーヒーメーカーのデメリットはマシンの種類がありすぎる点です。

しかも差別化も図れていません。

メリット

一方でメリットはどの機能が付いているかによって異なってきます。

それぞれみていきましょう。

ペーパーレスのメリット

コーヒーは通常、ペーパーフィルターを通して抽出します。

しかしいくつかのコーヒーマシンでは、そのペーパーフィルターを必要としません。

それがペーパーレスです。

ペーパーレスのメリットは買う手間が省けることと、その分節約できることです。

またマニアックなことを言うと、ペーパーありとペーパーレスでは味が異なります。

ペーパーがあると、コーヒー豆の油分を通しにくくするのでよりクリーンな味わいになるでしょう。

一方でペーパーレスはよくも悪くも、豆本来の味を引き出します。

もっとも味に関しては好みの問題です。

どちらが優れているかということはありません。

ミル付きのメリット

コーヒーは焙煎したてかつ、挽きたてのコーヒーが最強です。

しかし焙煎に関してはコーヒーメーカーのどうこうの問題ではありません。

ただし、挽きたてに関してはコーヒーメーカーで解決することができます。

それがミル機能です。

ミル付きのメリットはコーヒーを美味しく飲めること

むしろどんなに高品質なコーヒーを使ったところで、挽いてから時間が立っていると全く美味しくありません。

それくらいコーヒー豆を挽いてからの時間は大切です。

コーヒーは挽いた瞬間に一斉に酸化し始めますから。

保温機能

コーヒーメーカーは一度に抽出できる量が決まっています。

一度にたくさん落とすタイプだと、保温機能はマストでしょう。

一方で、1杯から抽出できるタイプに関しては保温機能は必要ありません。

以上、普通のコーヒーメーカーのメリット、デメリットです。

結局、コーヒーメーカーを使ったからといって美味しいコーヒーが飲めるとは限りません。

ドルチェ グスト

ドルチェ グストのデメリット

普通のコーヒーメーカーと比べたときの「ドルチェ グスト」のデメリットはランニングコストです。

ドルチェ グストのランニングコストはカプセルによって異なりますが1杯57.8円〜122.5円かかります。

もちろん普通のコーヒーを淹れたとしても、コーヒー豆によってはそのくらいの値段はかかってしまうでしょう。

しかし、例えばスタバの定番コーヒー豆「ハウスブレンド」でさえも1杯45円程度です。

したがって、やはりドルチェ グストのランニングコストは馬鹿になりません。

ドルチェ グストのメリット

「ドルチェ グスト」と普通のコーヒーメーカーの根本的な違いはカプセルコーヒーメーカーということ。

確かに「ドルチェ グスト」のランニングコストは若干高いです。

しかし、それはカプセルコーヒーメーカーの「ドルチェ グスト」が非常に便利だからこそ。

メリットは以下の通りです。

  • 安定して美味しい
  • お手入れラクラク
  • 抹茶やココアも楽しめる
  • マシン代が無料

普通のコーヒーメーカーに比べて、とにかく楽です。

しかもカプセルの中にはインスタントではなくレギュラーコーヒーが入っています。

さらにカプセルには窒素を注入しているので、酸化しにくく鮮度も抜群です。

そんなわけで若干のコストと引き換えにコーヒーの美味しさと手軽さを取るなら確実に「ドルチェ グスト」をおすすめします

特にドルチェ グストはマシンが無料になるのが非常に大きいです。

普通のコーヒーメーカーとドルチェ グストの比較

様々な観点から両者を比較していきましょう。

もっとも気になるのは味でしょう。

かなり難しいですが、あえて断言してみます。

挽いてから時間の経っているコーヒー<挽きたてのコーヒー=ドルチェ グスト<焙煎したて挽きたてのコーヒー

というわけで、ミル付きのコーヒーメーカーなら「ドルチェ グスト」と同等の力を持つでしょう。

ただし「ドルチェ グスト」を超えるには焙煎したてのコーヒーを用意する必要があります。

ちなみにコーヒーを淹れる前から挽いてしまっているコーヒーではどんなコーヒーを使ったところで「ドルチェ グスト」には太刀打ちできません。

それだけ、挽きたてであることは美味しいコーヒーに不可欠なのです。

操作性

楽に操作できるのは確実に「ドルチェ グスト」です。

なぜなら用意するものはカプセルと水だけだから。

一方で普通のコーヒーメーカーは機種によって用意するものが違います。

そのような意味でも非常に操作しづらいでしょう。

というわけで、ラクラク操作を求めるなら「ドルチェ グスト」です。

お手入れ&メンテナンス

コーヒーメーカーはお手入れやメンテナンスが不可欠です。

できれば楽な方を選びたいでしょう。

果たしてお手入れやメンテナンスがしやすいのはどちらでしょうか。

それは「ドルチェ グスト」です。

「ドルチェ グスト」はカプセルコーヒーなので、手入れやメンテナンスはもちろんのこと後片付けも手間がかかりません

一方で普通のコーヒーメーカーはコーヒーカスも出ますし、何かと面倒です。

そんなわけで、とにかく楽をしたい方は「ドルチェ グスト」を選択しましょう。

もっともカプセルとはいえど、使えば多少は汚れます。

私は毎日洗っていませんが、神経質な方からしたらおそらく気になって手間が増えるはずです。

飽き易さ

飽き性の方は「ドルチェ グスト」を選択しましょう。

コーヒー以外も飲めるので飽きが一切来ないからです。

一方であたり前ですが、普通のコーヒーメーカーだとコーヒーしか淹れることができません。

そんなわけでコーヒー以外もお楽しみいただきたい方はぜひ「ドルチェ グスト」を選びましょう

飽きにくいので長くお使い頂けます。

まとめ

 ドルチェ グスト 普通のコーヒーメーカー 
ランニングコスト ◯ 
 味◯ 
手入れのしやすさ◯ △ 
操作性 △ 
バラエティ性 △ 

総合的に考えたら、「ドルチェ グスト」のが断然優秀です。

結局、最終的にはコストの問題になります。

多少のランニングコストを我慢できる方はぜひ「ドルチェ グスト」を選びましょう。

もっともコストが高いと言っても缶コーヒー、コンビニコーヒー、カフェコーヒーに比べたら格段にお得です。

しかも、「ドルチェ グスト」ならマシンを無料にすることもできますし、保証期間も5年に延長することができます。

そういう意味でも長い目で見たらかなりコストは低いでしょう。

-ネスカフェ ドルチェ グスト