ネスカフェ ドルチェ グスト


「ネスカフェ ドルチェ グスト」はぬるい?果たして美味しいのか?

投稿日:

ネスカフェ ドルチェ グスト」の評判のひとつとして、ぬるいというのがよく言われます。

果たして本当にぬるいのでしょうか。

「ネスカフェ ドルチェ グスト」の温度

ぬるいと感じたなら温度を調べてみましょう。 公式サイトでこのようなQ&Aが見つかりました。

抽出された飲料の温度が低いと感じるのですが?

「ネスカフェ ドルチェ グスト」本体では、給水タンクから供給される水を本体内蔵のヒーターで急速加熱して使用しております。急速加熱された温度は味わいや安全性等を考慮して、沸騰水ではなく約90C°となっております。そのため、カプセルから抽出された飲料の温度は約70C°になっております。

<参照:よくあるご質問

飲料の温度は約70度とのこと。

ちなみに美味しいコーヒーを入れるのに、適している水の温度は90度前後なので「ドルチェ グスト」は適温言えます。

そして余談までにラテのようなカフェメニューは70度前後で作られることが多いです。

ということはやはり単純に「ドルチェ グスト」がぬるいと言い切ることはできません。

「ネスカフェ ドルチェ グスト」がぬるいと感じてしまう理由

ではなぜ「ドルチェ グスト」はぬるいと言われてしまうのでしょうか。

その理由は2通り考えられます。

マシンが温まっていない

もしぬるいと感じるようでしたら、最初に湯通しを行いましょう。

そうすることでマシンを温めることができます。

容器が温まっていない

そしてその湯通しの際のお湯でカップも一緒に温めるといいでしょう。

些細なことにも思えますが、ドルチェグストに限らずコーヒー全般にいて容器や器具を温めるのは常識です。

それだけコーヒーは繊細な飲み物ということができます。

それでもぬるいと感じる場合

これらを気をつけても稀にぬるい時があるとのことです。

そんな時は以下の2点も注意してください。

  • 電源ボタン(インジケーター)が赤の点滅や赤の点灯ではなく、緑の点灯になってからご使用ください。 赤の点滅や赤の点灯の状態は抽出準備中です。
  • コンセントの使用環境は、コンセントから単独でご使用になられていますか。 15Aの規格に満たない延長コードのご使用や、タコ足配線でのご使用の場合は、一度コンセントの単独使用でお試しください。

<参照:よくあるご質問

「ネスカフェ ドルチェ グスト」は美味しいのか 

ぬるいコーヒーは大抵まずいです。

美味しくありません。

ということで「ドルチェ グスト」がぬるいというだけでまずいと言われてしまうこともしばしばあります。

しかし、勘違いしないでほしいのがコーヒー自体は別にまずいわけではないということ。

むしろインスタントコーヒーに比べれば格別に美味しいと言えるでしょう。

カプセルで鮮度を保っているわけですから美味しいのは当然です。

そこらの下手な人が淹れる本格コーヒーを超えてしまうことだってあります。

というわけで「ドルチェ グスト」がまずいと思って敬遠していた人は是非考えを改めてみてください。

その美味しさに驚かされること間違いなし。

今ならマシンも無料です。

-ネスカフェ ドルチェ グスト