UCC ネスカフェ ドルチェ グスト


「ネスカフェ ドルチェ グスト」と「UCCドリップポッド(エコポッド)」の比較!両者の違いとは?

投稿日:

「ネスカフェ ドルチェ グスト」と「UCCドリップポッド(エコポッド)」は何が違うの?

と疑問に思われる方はかなり多いです。

確かに両者はカプセルコーヒーメーカーということで、非常に似ています。

しかし、ドルチェグストとドリップポッドには明らかな違いがあるので、迷うことはほとんどないでしょう。

今回は両者を比較し、その違いについて解説します。

「ネスカフェ ドルチェ グスト」と「UCC ドリップポッド」の簡単な違い

詳しい解説は置いといて結論からいきましょう。

エスプレッソが飲みたい方は「ネスカフェ ドルチェ グスト」がおすすめです。

一方でこだわりのコーヒーが飲みたい方は「UCC ドリップポッド」をおすすめします。

ちなみに両者はコーヒーだけでなく、お茶や紅茶も淹れること可能です。

ただし、「ドルチェ グスト」はストレートティー系に弱いです。

他方、「UCC ドリップポッド」はティーラテ(ミルクティー)系に弱いです。

そんなわけでこれらを考慮すれば自ずと、選ぶべきカプセルコーヒーメーカーは見えてくるでしょう。

ちなみにコーヒーよりも紅茶が飲みたいという方はどちらもおすすめしません。

そんな方にはネスレ社の「スペシャル.T」をおすすめします。

ドルチェ グストやドリップポッドはあくまでもコーヒーメーカーなのです。

ネスカフェ ドルチェ グストについて

reason_img01

それでは「ネスカフェ ドルチェ グスト」について詳しく見ていきましょう。

ここでは以下の3つの項目について見ていきます。

  • 特徴
  • 定期便について
  • ランニングコスト

特徴

「ネスカフェ ドルチェ グスト」の最大の特徴は、様々なドリンクがカプセル一つで飲めるという点です。

コーヒーから、カプチーノ、抹茶ラテ、ココア、エスプレッソなど15種類以上の様々なドリンクを手軽に飲むことができます。

もちろんその味はカフェにも劣りません。

下手なカフェに行くよりもドルチェ グストで作った方がはるかにコストパフォーマンスもいいでしょう。

実際にドルチェ グストを買ってから、カフェに行かなくなったという方も続出しています。

ですから味に関しては何も心配は要りません。

定期便

ドルチェ グスト=定期便と言っても過言ではないでしょう。

ドルチェ グストの定期便にはいくつかありますが、その中でもおすすめなのが「マシンが無料のカプセル定期便」です。

この定期便は、文字どおりなんとドルチェ グストが無料になります。

最低利用期間など若干の制約はありますが、どっちにしろドルチェグストを購入したらカプセルは必要になるので、全く問題ないでしょう。

しかも途中でキャンセルしたくなっても、マシン代を払えばすぐに解約できます。

いわばマシン代を最初に払うか、後に払うかの違いです。

それだったら、無料になるかもしれない後払いの方がいいに決まっているでしょう。

実際に「マシンが無料のカプセル定期便」に申し込んでいる方は非常に多いです。

ランニングコスト

では実際「マシンが無料のカプセル定期便」のランニングコストはどのくらいなのでしょうか。

計算した表が下にあります。

 割引率1箱あたりの値段(税込)1杯あたりの値段(税込)
定価-924円〜980円57.8円〜122.5円
定期お届け便10%オフ831円〜882円52円〜110.3円

「マシンが無料のカプセル定期便」はこの通り、カプセル自体も安くなり非常にお得です。

なお金額に差がありますが、コーヒーであればほとんどが約52円で飲むことができます。

では何が高いのかというと、それは抹茶ラテなどのカフェメニューです。

ジュース感覚で飲むものは基本的に高いと覚えておくといいでしょう。

もっとも、高いとはいえど、缶ジュースより安いです。

それでいてカフェのようなクオリティなのですから何も文句はありません。

以上が「ドルチェ グスト」の情報でした。

コーヒーだけでは物足りないという方はぜひ、ドルチェ グストの無料定期便に申し込みましょう。

UCC ドリップポッド(エコポッド)について

obsessiveness_img01.jpg

続いてはUCCのドリップポッドについて詳しく見ていきましょう。

もちろん「ドルチェ グスト」と同じ観点からお伝えします。

  • 特徴
  • 定期便
  • ランニングコスト

特徴

エコポッド時代はネスカフェ ドルチェ グストの圧勝でした。

しかし、今は進化したドリップポッドがあります。

何を隠そう、ドリップポッドはエコポッドから進化して誕生したのです。

では一体何が違うのかというと、コンセプトが全く異なります。

エコポッドのよさを引き継ぎ、かつ品質を最大限までこだわったのがドリップポッドなのです。

つまりドリップポッドがエコポッドに敵わない点はほとんどありません。

そんなわけで現在、エコポッドは販売終了しています。

その代わりに、コーヒーの品質にとことんこだわったドリップポッドが販売されているのです。

定期便

UCCのドリップポッドにも定期便があります。

ドルチェ グストと同じく様々なプランがありますが、ここでもマシンがお得になる定期便プランを見ていきましょう。

UCCには「マシンと世界のコーヒーセットコース」というものがあります。

このコースでは、毎月3,900円(初回のみ1,980円)ポッキリでコーヒー1ヶ月分(48杯)とドリップポッドが利用可能です。

内訳としては「マシン代(月額1,000円)+コーヒー代(月額2,900円)」という感じになります。

ちなみにUCCの「マシンと世界のコーヒーセットコース」にも縛りがあり、最低12回は利用しなければなりません。

しかし裏を返せば、12回利用すればマシンが手に入るということです。

ですからマシンの定価(約20,000円)を考えれば、決して損するとは言えないでしょう。

13回目以降はコーヒー代の2,900円だけで利用可能です。

ランニングコスト

定期便のところで料金に関してはお伝えしたので、ここでは1杯あたりの値段に要注目です。

 「マシンと世界のコーヒーセット」コース 
初回料金(税込) 1,980円/月
2回目以降の料金(税込) 3,900円/月
1杯あたりの料金 

81円(初回のみ41円)

コース内容 ドリップポッド(DP2)+ドリップポッド42杯分/月

マシン代も込みで計算しているので、やや高めになってしまいます。

ちなみにマシン代を除くと一杯あたりのコストは約60円です。

そう考えると、決して高すぎるということはできないでしょう。

たったの約60円で高品質なコーヒーが飲めてしまうのですから。

ドルチェ グストとUCCドリップポッドの比較

ドルチェ グストとUCCドリップポッド(エコポッド)をわかりやすく同時に比較していきましょう。

  • マシン代
  • ランニングコスト
  • 性能

これら3つの観点を比較します。

マシン代

お互いに定期便を申し込んだ場合のマシン代は以下の通りです。

 ドルチェ グスト UCC ドリップポッド 
マシン代(定期便) 無料 11,000円(月額1,000円×11回) 

マシン代にお金をかけたくない方はドルチェ グストがいいでしょう。

マシン代だけで月額1,000円も変わるのは大きな違いです。

1,000円もあったらカプセルの量を増やせますから。

ランニングコスト

ランニングコストに関しては以下の通りです。

 ドルチェ グストUCC ドリップポッド 
1杯分のコスト 52円〜110.3円 81円
30杯分のコスト 1,560円〜3,309円 2,430円 

ちなみに上の表では、1日1杯飲むと仮定し月間30杯分のコストを算出しました。

しかし「UCC ドリップポッド」の場合はコースなので月間42杯で2,900円と決まっています。

ですから、月に42杯も飲まないという方には決しておすすめできません。

もっとも、コーヒーを選ぶ手間が省けるという点は「ドルチェ グスト」よりも優れているでしょう。

いずれにせよ、「ドルチェ グスト」ならよくも悪くも自由にランニングコストを調整できます。

性能

性能に関して、大きな違いは以下の通りです。

 ドルチェ グスト UCC ドリップポッド 
性能 高速抽出レギュラーコーヒー抽出 

「ドルチェグスト」の場合は立ち上げから抽出まで数十秒しかかかりません。

一方の「UCC ドリップポッド」の抽出時間は約1分です。

カプセルコーヒーの抽出時間は生命線ですから、この差もバカにできないでしょう。

それでも「ドリップポッド」にしかない機能もあります。

それはレギュラーコーヒー抽出です。

「ドリップポッド」はいわば普通のコーヒーメーカーの機能も備わっています。

ですからレギュラーコーヒーも落とすかもしれないという方はドリップポッドにしておいた方が安心です。

絶対にカプセルだけという方は性能的にもドルチェ グストをおすすめします。

まとめ

  • 高品質なコーヒーだけを飲みたいなら「ドリップポッド」
  • エスプレッソや抹茶ラテなどの豊富なカフェメニューを味わうなら「ドルチェ グスト」
  • コストパフォーマンス重視なら「ドルチェ グスト」
  • 普通のコーヒーも淹れるなら「ドリップポッド」
  • 抽出速度を重視するなら「ドルチェ グスト」

ドルチェ グストもドリップポッドもそれぞれ違ったよさがあります。

これらを参考にぜひ、自分にあったマシンを選びましょう。

ネスプレッソ

ネスプレッソが無料で使える!

ネスプレッソの申込はこちらから

-UCC, ネスカフェ ドルチェ グスト