ネスカフェ ドルチェ グスト


「ネスカフェ ドルチェ グスト」と「ミルで挽いたコーヒー」の比較!どちらが美味しいのか

投稿日:

確かにミルで挽いたコーヒーは格段に美味しいです。

しかし「ネスカフェ ドルチェ グスト」も負けていません。

今回はドルチェ グストとミル挽きコーヒーの違いを解説します。

ミルで挽いたコーヒー

メリット

ミルで挽いたコーヒーのメリットはとにかく美味しいということ。

極論を言うと、挽きたてのコーヒーを用意さえすれば大したことのないコーヒーでも美味しく淹れることができるでしょう。

それくらい挽いてからの時間は重要なのです。

ではなぜ、挽きたてが重要なのか。

それはコーヒー豆は粉になった瞬間、酸素に触れる表面積が大きくなるからです。

したがって酸化しやすくなります。

酸素はコーヒーの天敵です。

酸化を防げば、コーヒーは美味しくなります。

だからこそ、淹れる直前にコーヒーを挽くことはとても大切です。

デメリット

ミルでコーヒーを挽く行為はとても面倒です。

したがって、淹れる直前にわざわざコーヒーを挽く行為は日本ではマニアの域に入ります。

コーヒーにこだわりたい方は必ずそうするでしょう。

しかし裏を返せば、そこまでこだわりたくない方は直前にミルでコーヒーを挽く必要がありません。

むしろ最初のうちからこだわりすぎると、いずれ飽きがきてしまいます。

ミルでコーヒーを挽くのはあまりにも面倒ですから。

実際、コーヒーショップのオーナーをやっていた時もほとんどのお客様は挽いた豆をご希望されていました。

それほど、ミルで挽く行為は面倒なのです。

ネスカフェ ドルチェ グスト

続いてはカプセルコーヒーメーカー「ドルチェグスト」のメリット、デメリットについてお伝えします。

メリット

「ネスカフェ ドルチェ グスト」のメリットは美味しいことです。

あえて、ミルで挽いたコーヒーと同じメリットをぶつけてみました。

挽きたてのコーヒーをおすすめしていた元コーヒーショップオーナーとしてはあまり認めたくないのですが、悔しいながらも「ドルチェ グスト」はかなり美味しいです。

それもそのはず、カプセルの中に入っているコーヒーはインスタントではなくレギュラーコーヒーですから。

しかもカプセル包装してあることによって弱点でもある酸素を見事に防いでいます。

ドルチェグストのコーヒーは確かに挽きたてではありません。

しかし、挽いてからすぐカプセルに詰め,その中に窒素も注入しているコーヒーにもはや死角はないでしょう。

そして最大のメリットはその手軽さです。

ドルチェグストなら美味しいコーヒーをどこよりも手軽に飲むことができます。

デメリット

一方のデメリットはランニングコストです。

ドルチェグストのランニングコストはミルで挽くコーヒーに比べ高くなる傾向があります。

もちろん、コーヒー豆の値段はピンキリなので一概にも安いとは言えません。

しかしドルチェ グストのカプセルに支払うお金があれば良質なコーヒー豆を買えるのは間違いないでしょう。

それでも手間暇を考えたら安いものです。

手間が省ける缶コーヒーより安く美味しく飲めるのですから。

それにドルチェ グストのマシンなら無料で手にいれることができるので、そこまで負担は大きくならないはずです。

「ネスカフェ ドルチェ グスト」と「ミルで挽いたコーヒー」の比較

両者のメリット、デメリットを踏まえ、あらゆる要素を直接比較してみましょう。

「ドルチェ グスト」もミルで挽いたコーヒーもどちらも美味しいです。

ただしミルで挽いたコーヒーの方がより美味しく感じる可能性は高いでしょう。

もちろん、「ドルチェ グスト」がミルで挽いたコーヒーを超す可能性も否定できません。

ミルで挽くコーヒーが以下のような条件なら、「ドルチェ グスト」は有利になるでしょう。

  • コーヒー豆が低品質(鮮度や品種)
  • 淹れるのが下手
  • 正確な分量を測らない
  • 挽き具合があってない
  • 水が新鮮ではない

このように、美味しいコーヒーを淹れるには様々な要素をクリアしなければなりません。

だからこそバリスタという職業があるのです。

一方で「ドルチェ グスト」ならカプセルと新鮮な水を用意するだけでそこそこのコーヒーが出来上がります。

というわけで、究極まで美味しいコーヒーを目指すならミルで挽いたコーヒーを選びましょう。

そこそこの味を求める方は「ドルチェ グスト」がおすすめです。

お手軽さ

お手軽さを求めるなら「ドルチェ グスト」一択です。 

ミルで挽いたコーヒーは淹れた後も後片付けが大変ですから。

「ドルチェ グスト」なら飲んだ後もカプセルを捨てるだけです。

お手入れ・メンテナンス

ドルチェグストのメンテナンスはそこまで大変ではありません。

以下のことを定期的に行っておけば清潔さを保てます。

  • 抽出トレイとカプセルホルダーの洗浄
  •  給水タンクの水は使用前に新鮮なものと入れ替える 
  • 使用前、使用後は都度湯通しを行う

一方でミルで挽くコーヒーはどんなミルでコーヒーを挽くかによります。

手動もあれば自動もあり、マシン内蔵型もあります。

いずれにせよ、ミル自体使っていくと挽き具合がずれていくので都度調整が必要です。

バラエティ性

どちらにも違った楽しみ方があります。

とにかくいろんな種類のコーヒーを味わいたいというなら、ミルで挽くコーヒーがおすすめです。

コーヒーの種類は無限にあると言っても過言ではないですから。

一方で「ドルチェ グスト」ではそのような楽しみ方はできません。

せいぜい数種類のコーヒーがあるくらいですから。

しかし、抹茶ラテ、ラテマキアート、チョコチーノのようなドリンクをカプセル一つで楽しめる魅力はあります。

このように両者は違ったバラエティ性を持っています

純粋にコーヒーを楽しみたいのか、それともカフェメニューを楽しみたいのかによってどちらを選ぶべきか決まってくるでしょう。

ランニングコスト

「ドルチェ グスト」のカプセル代金で、高品質のコーヒーを買えるのは確かです。

手間の省略にお金を払うのか、高品質のコーヒーにお金を払うのか、それによって答えは変わってくるでしょう。

まとめ

 ネスカフェ ドルチェ グスト ミルで挽いたコーヒー 
味 ◯ △〜◎ 
お手軽さ◯ △ 
手入れのしやすさ ◯ △〜◯
バラエティ性 ◯ △〜◎ 
ランニングコスト △ ◯ 

ミルで挽いたコーヒーはとにかく自分次第なところがあります。

言い換えるならばミルで挽いたコーヒーはとても拡張性や自由度が高いです。

というわけで、コーヒーを趣味にしたいような方は「ミルで挽いたコーヒー」を選択しましょう。

ミルで挽いたコーヒーはとても奥が深いです。

一方で、単純にコーヒーやカフェメニューを飲みたいという方であれば「ドルチェ グスト」がいいでしょう。

特にコーヒーは面倒な飲み物ですから、途中で飽きてしまうこともかなりあります。

私も台所の上に十数個のコーヒー器具が眠っていますから。

ところが「ドルチェ グスト」のようなカプセルコーヒーなら飽きることがほとんどありません。

とにかく手軽すぎるからです。

もはやインスタントコーヒーのごとく、高品質なカプセルコーヒーを頂いています。

むしろお湯を沸かさなくて済むぶん、インスタントよりはるかに楽です。

そんなわけで、コーヒーに飽きてしまう可能性を感じている方こそ「ドルチェ グスト」をおすすめします。

飽きない、美味しい、手軽なコーヒーは「ドルチェ グスト」だけです。

私だけでなく他の方の評判もかなりいいです。

-ネスカフェ ドルチェ グスト