美味しいコーヒーの入れ方


コーヒーにおすすめのウォーターサーバーをご紹介!コーヒーに使う水は軟水?硬水?

更新日:

美味しいコーヒーを入れるのに、美味しいお水は必要不可欠です。

そこで今回は、コーヒーを入れるのにおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。

まずは予備知識から入れておきましょう。

軟水と硬水について

お水には大きく分けて2種類のタイプがあります。

軟水

一般的に硬度100mg/l以下の水が軟水です。

詳しい計算方法は割愛しますが、硬度はカルシウムとマグネシウムの量が多いほど高くなります。

ちなみに日本における水道水は全て軟水です。

硬水

一方で101mg/l以上の水を硬水と呼びます。

ヨーロッパや北米の水は硬度が高い硬水であることが多いでしょう。

ミネラルウォーターとは

カルシウムもマグネシウムもミネラル成分の一つです。

カルシウムとマグネシウムの量で硬度が決まりますから、自然と硬水はミネラル成分が多く含まれます。

ですから「ミネラルウォーターはミネラル成分を多く含んだ硬水のこと」と思われても不思議ではないでしょう。

しかしそれは間違いで、ミネラルウォーターにおけるミネラル成分の品質規定は一切ありません。

すなわちミネラルウォーターには軟水も硬水も両方存在します。

そんなわけで、美味しいコーヒーを入れるのにミネラルウォーターかどうかはさほど重要ではないのです。

重要なのは「軟水か硬水か」ということになります。

コーヒーを入れるのにおすすめの水

結論から言うとコーヒーに軟水を使うか、硬水を使うかは好みによります。

まろやかなコーヒーなら軟水

まろやかな風味に仕上げたいなら軟水を使うようにしましょう。

ただし軟水はコクが出にくいのでその分、酸味が増します。

コーヒーにおける酸味は楽しむものですが、嫌な人にとっては嫌なもの。

酸味が嫌いな人は硬水を使うのも一つの手段です。

苦味の強いコーヒーなら硬水

苦味が好きな方は硬水を使いましょう。

もちろんその場合、酸味が弱くなります。

コーヒーを飲まれる方で酸味が嫌いな人は確かに多いでしょう。

ただ忘れてはならないのは日本は軟水の国だということ。

ですから今まで飲んできたほとんどが軟水で作られたコーヒーでしょう。

すなわち飲み慣れているのも軟水です。

結局のところコーヒーの味は水だけで決まるものではありませんから、自分のお好きな水を選ぶことをおすすめします。

ちなみに私は軟水で入れたコーヒーが好きです。

コーヒーにおすすめのウォーターサーバー

今回の本題は、コーヒーにおすすめのウォーターサーバーについてです。

やはり美味しいコーヒーを入れるのにウォーターサーバーは欠かせません。

もちろんペッドボトルに入った水でも問題ないのですが、ウォーターサーバーに入った水の方が何かと便利なのは言うまでもありません。

具体的に言うと

  • コーヒーを入れるのに適した温度(90度前後)が瞬時に出せる
  • 重たい買い物をしなくて済む
  • 美味しいお水がすぐに

とこんな感じです。

ですから、コーヒーとウォーターサーバーは非常に相性がいいと言えるでしょう。

そこで私からおすすめしたいウォーターサーバーがあります。

それはアクアクララのウォーターサーバーです。

なぜおすすめなのかというと、今ならお申込みした方全員にネスレのカプセルコーヒーメーカー「ドルチェ グスト」をプレゼントしているから。

[追記:キャンペーンは終了しました。]

まさに一石二鳥です。

カプセルコーヒーメーカーで美味しいコーヒーを入れるためにもやはり美味しい水は欠かせません。

いずれにせよコーヒーと水は切っても切れない関係ですから、ウォーターサーバーの美味しい水を使って是非ラクに美味しいコーヒーを入れましょう。

なお日本におけるウォーターサーバーの水は全て軟水となっています。

硬水でコーヒーを入れたい人はペットボトルに入った硬水を買うしかないでしょう。

-美味しいコーヒーの入れ方