ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ


「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」のランニングコストについて!ネットで購入するのは高いのか?

投稿日:

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」は一体毎月いくらかかるのか。

ランニングコストが気になる方もいるでしょう。

はたまた、ネットの定期便で買ってしまうと高くついてしまうのではないかと不安な方もいるでしょう。

しかし、この記事を見ればもう安心です。

「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」のランニングコストに関して詳しく解説していきます。

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタのランニングコスト

公式サイトによると、ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタのランニングコストは一杯あたり約15円〜32円です。

この幅はコーヒーの種類やパックのサイズによって変動します。

バリスタのランニングコストは銘柄によって変わる

ちなみに最もランニングコストが安いのは定番タイプ(110g)のコーヒーです。

ですから、基本的には最小値の1杯15円でお召し上がり頂けると思っていいでしょう。

毎月のランニングコスト

では仮に一日一杯一人で30日間計30杯コーヒーを飲むとしましょう。

その時、毎月の最小コストはいくらになるでしょうか。

答えは708円です。

ただしこれだと1杯15円に収まっていません。

なぜ高くついてしまっているのかというと、通常タイプで30杯用のパッケージが販売されていないからです。

「ネスカフェ ゴールドブレンド」において最も少ない容量のパックは35杯分からとなります。

つまり毎月35杯未満の方は否が応でも最低コストの708円は支払わなければなりません。

裏を返せば毎月最低708円のコストを支払えさえすれば「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を運用できるということです。

ランニングコストを極限に下げる方法は危険

巷では「裏技」と評して、ランニングコストを極限に下げる方法が紹介されています。

それは指定以外のインスタントコーヒーを入れるという方法です。

ただしこの方法は「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタは瓶タイプや指定以外のインスタントコーヒーも利用できるのか」でも紹介した通り、あまりおすすめできる方法ではありません。

なぜなら故障してしまう可能性もありますし、純正品以外を入れた瞬間に保証の対象外になってしまうからです。

そもそもそんなにコストを下げたい人に「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」は向いていないと言えるでしょう。

極限までコストを下げたいのなら機械ではなくインスタントコーヒーに直接お湯を入れればいいのですから。

コストを下げた結果、マシンが壊れ、保証が効かなくなったら元も子もありません。

というわけで、ランニングコストを極限まで下げる方法は危険なのでやめておきましょう。

公式オンラインショップの定期便がおすすめ

先ほどご紹介したランニングコストはいわば定価で買ったときの値段です。

「ネスカフェ ゴールドブレンド」はとある方法で定価よりもAmazonよりも安く購入することができます。

それがネスカフェ公式オンラインショップの定期便です。

定期便を利用することで、ランニングコストは1杯約14円〜27円まで下がります。

そんなわけで、とにかくランニングコストを下げたい方は定期便を利用しましょう。

しかも定期便なら、マシン購入の際もお得になりますし、保証期間も5年に延長されます。

定期便にすることで得られるメリットは計り知れません。

詳しくは「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタの口コミと評判!定期便がおすすめ!マシンを安く買うには?」をご覧ください。

定期便を賢く利用してランニングコストを下げる方法

定期便だと4,000円以上購入しないと送料が無料になりません。

しかし、頻度は1ヶ月〜4ヶ月の間で自由に設定することができます。

ということは頻度を4ヶ月にして、一度に4,000円以上購入するのが最もお得と言えるでしょう。

ただしここで注意しなければならないのが、1日1杯しか消費しないユーザーです。

1日1杯しか飲まないユーザー

1日1杯しか飲まないユーザーは下手したら損をします。

そこで以下のような組み合わせがおすすめです。

  • ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック110gX3本
  • ネスレ ブライト スティック バラエティセット(48本入)×2セット
  • 合計4,150円(4ヶ月分)

これで送料が無料になります。

ちなみにネスレブライトはネスカフェ ゴールドブレンド バリスタのコーヒー以外のメニューが広がるので非常におすすめです。

また110gが3本なので計165杯になります。

これを1人で4ヶ月で飲むには1日あたり1.3杯飲まなければなりません。

ですので、だいたい3日に1回は2杯飲める計算です。

もちろん中にはネスレブライトなんていらないという人がいるでしょう。

そのような人が定期便を利用するには送料を払うしかありません。

この場合は2通りの方法が考えられます。

  • ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック110gX2本・・・1,986円(送料込み)

または

  • ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック110gX3本・・・2,754円(送料込み)

パック2本だと4ヶ月で0.9杯しか飲めません。

すなわち、10日間のうち1日我慢する必要があります。

一方でパック3本だと、通常1杯、3日に1回だけ2杯飲むことが可能です。

いずれにせよ、結局重要なのは4ヶ月ごとにまとめて注文してしまうこと

送料が無料にならないにしても、頻度が高くなればなるほど送料もかかってしまうので注意しましょう。

1日計2杯以上飲むユーザー

家族でも個人でもいいのですが、合計で1日2杯以上飲まれる方はそこまで考える必要はありません。

4ヶ月おきにネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック110gを5本とキットカット1袋買いましょう。

そうすれば、ちょうど4,000円も超えて送料が無料になります。

もちろん、ミルクを入れる方はキットカットの代わりにネスレブライトでもいいでしょう。

とにかく4,000円を超えることは難しくありません。

というわけで1日合計3杯以上飲まれる方に言うことはもはや何もないです。

必要な分コーヒーを買うだけで、勝手に4,000円は超えますから。

ただし、4ヶ月おきに買うのがミソです。

まとめ

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタのランニングコストに関してまとめます。

まずは表からご覧ください。

 1杯あたりのランニングコスト 
定価 約15円〜32円(税込)
定期便約14円〜27円(税込)

ちなみに定期便は基本的にAmazonよりも安いので、お得度はかなり高いです。

ただし、送料が発生してしまうとちょっとだけAmazonの方が安くなります。

しかし、忘れてはならないのがバリスタの定期便特典の「マシン2,000円引き」と「保証を5年間に延長」です。

つまり結局のところどんな方であれ最初は定期便と一緒に注文するのが最もお得と言えます。

マシン2,000円引きがある時点でこちらが損することは一切ありませんから。

しかも嫌になったら4回目以降にやめればいいだけの話です。

そんなわけで、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」のランニングコストが気になる方こそ最初は定期便と一緒に注文することをおすすめします。

詳しくは「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタの口コミと評判!定期便がおすすめ!マシンを安く買うには?」をご覧ください。

缶コーヒーよりはるかに安いのが「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」です。

-ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ