ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ


「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」は瓶タイプや指定以外のインスタントコーヒーも利用できるのか

更新日:

「指定以外のインスタントコーヒーを入れても大丈夫ですか?」

「瓶入りタイプのコーヒーでも使用できますか?」

というような質問がしばしば寄せられます。

たしかに中には他社製品のインスタントコーヒーでも利用できている人はいるでしょう。

しかし、公式的な見解からいくと指定以外のインスタントコーヒーは絶対に入れるのをやめましょう。

今回はその理由についてお伝えします。

保証が効かなくなる

理由はシンプルで対象外のものを利用して壊れた場合、保証が効かなくなってしまうからです。

ちなみにネスレ社のコーヒーであっても対象外のものを使ってはなりません

具体的にネスレ社における対象外のコーヒーは以下の通りです。

  • 瓶詰めタイプ
  • 袋詰めタイプ
  • ネスカフェ エクセラのエコ&システムパック

このように、よく巷で見かける瓶詰めや袋詰めタイプも使えないので注意が必要です。

もちろん言うまでもありませんが、他社製のインスタントコーヒーも使用してはなりません。

なお、ネスレ社指定のインスタントコーヒーは「エコ&システムパック」のみです。

基本的に名前に「エコ&システムパック」とつくものは対応しています。

ただし、前述しましたが「ネスカフェ エクセラのエコ&システムパック」だけは対象外ですので注意が必要です。

とにかく、保証が効かなくなってしまうので指定以外のものを利用するのはやめましょう。

対象外のものでも物理的には可能

もちろん、単なるインスタントコーヒーですから他社製品のものを入れても動作するにはするでしょう。

物理的には指定以外のコーヒーでも動きます

実際YouTubeでも検証動画をあげている方がいらっしゃいました。

 

それでもやはり、動画内の説明にもある通り故障してしまう可能性は否めません。

しかもわざわざパーツを外して入れるのもかなり面倒です。

また「仮に故障してもバレない」と思う方もいるでしょう。

ところがそうとも言い切れません。

なぜなら、ネスレ社には故障に関するデータが膨大に蓄積されているだろうからです。

私はカフェ業界に数年在籍していましたが、マシンが壊れるパターンは見事なまでにマニュアルと一緒でした。

指定以外のインスタントコーヒーを入れる発想をする方は非常に多いです。

ということは、それだけネスレ社にもデータが集まっていることになります。

データが大量にあるということは当然、不正もバレやすくなるでしょう。

指定以外のインスタントコーヒーを入れることは可能ですが、決しておすすめはできません。

節約するならマシンの購入から

瓶タイプや指定以外のインスタントコーヒーを入れたいという考えは節約したいという意思の表れでしょう。

実際「エコ&システムパック」を買うよりも安くなることの方が多いでしょうから。

そんな節約志向の方こそ、公式サイトで「ネスレ ウェルネス アンバサダー」に申し込むことをおすすめします。

「ネスレ ウェルネス アンバサダー」なら、バリスタ以外のマシンも全て無料で使い放題です。

しかも最低利用期間もなく、いつでも無料で解約することができます。

つまり「ネスレ ウェルネス アンバサダー」なら損をすることがありません。

節約志向だからこそ、損をしないサービスを選びたいところです。

まとめ

  • 瓶タイプや指定以外のインスタントコーヒーを入れるのはやめましょう
  • 物理的に可能ですが、保証が効かなくなります
  • 故障の原因はバレます
  • 節約志向の方は「ネスレ ウェルネス アンバサダー」がおすすめ

「ネスレ ウェルネス アンバサダー」ならコーヒー自体も安く購入できるので非常におすすめです。

わざわざ、指定以外のインスタントコーヒーを入れる必要もありません。

-ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ